rohisatoの日記

詩堂炉久人が気になったフィギュアとゲームを取り上げるブログ

ゲームラボ11月号を読んで

今号での「さよならエロゲー業界」は「そうそう、そうなんだよ」と納得することが多々あったりする。

修正パッチのダウンロード数が出荷数の4倍6倍は当たり前だし、

某掲示板内での話題もエロゲの初回特典物とかマニュアル内の4コママンガネタとかになるとピタリと書き込みが無くなったりする…。

Winnyでエロゲを落とすユーザーだけが多いこと多いこと、

昨年の冬コミ企業ブースの裏でも話題になってた。

でも型月みたいにファンディスクだけでも出荷本数20万本はいってしまう訳だから

完全に勝ち組と負け組が色分けされている。

かくいう漏れも負け組だったな。

トホホ……

---------------------------

今号での「オダジマかく語りき」も妙に納得させられることばかりだ

『権力は匿名者(名無し)たちの手のうちにある。有名人は、玩具にすぎない』

ごもっとも。

某社が必死に事実を捻じ曲げたチェーンメールを某歌手ファンに一斉送信しても、脅迫書き込みがあっても被害届けを出さないとかあっても…

名無したちにとって某社はコップの中に入れられたウルトラセブン(34話「侵略する死者たち」より)も同様だ。

こと漏れに至ってはいつでも潰せるアリンコなのだろう。

くわばらくわばら…