rohisatoの日記

詩堂炉久人が気になったフィギュアとゲームを取り上げるブログ

残虐ゲームがニート生む 奥田会長が苦言

デタラメ学問.jpg

日本経団連の奥田会長は8日の記者会見で、残虐シーンが含まれるゲームソフトが

 原因で社会に適応できない若者が増え「ニート」増大の一つの要因になっている

 可能性があると指摘。

 経団連としてチェック体制の確立に向け検討を始めたことを明らかにした。

 経団連は会社に属さず、職業訓練や教育も受けていない「ニート」が日本の若者に

 増加していることを問題視。ソフト・コンテンツ部会で具体的な対応策を検討している

 という。奥田会長は記者会見で「ゲームで残虐なシーンを見て、社会に適応できなく

 なったのなら、そのようなソフトをつくるのは問題」との認識を示した。その上で「ニート

 社会的弱者で、国家的なセーフティーネット(安全網)が必要」との考えを述べた。

 若者や子供が夢中になっているゲームソフトについては、のめり込みすぎることで

 仕事や勉強の意欲をそぐ原因になっているとの指摘もある。残虐な描写などを含む

 ゲームソフトは、十八歳未満への青少年への販売を禁止する設定を検討している。

 (3月9日付、中日新聞8面。以下は有志によるキャプチャ画像)

森邪教授に操られている人がまた一人。

いったい「残虐ゲーム」と「ニート」がどう繋がっているかの科学的根拠が全くない。

小泉劇場的には「こんなガセネタに踊らされるな!」なところ。